気ままに徒然と

田舎で生活する既婚者の日常など

心機一転坊主にしてみた。坊主ヘアーのメリットとデメリットについて

f:id:yutayuta-sumomoko:20161005151110j:image

現在仕事を休職中。何かと暇を持て余し気味なので、心機一転坊主にすることにしました。

坊主頭は中学生ぶりですが、バッサリとやってしまったので思いつく限りのメリット・デメリットをつらつらと書いていきます。

 

メリット

  1. 寝癖がつかない

厳密にいうと自分にしか分からない範囲ではつきますが、毎朝の寝癖を直す手間がなくなります。

起床⇨洗顔⇨歯磨き⇨外出と時間に余裕ができ、あんなことやこんなことができるのではないかと。

 

  2. 節約できる

セルフで坊主にすると美容室に行くことがなくなります。坊主でも染色したりソフトモヒカンにしたり個性を出したい方は一概ではありませんが。

洗髪後にすぐ乾くので、ドライヤーの必要性もなくなります。ドライヤーの別の使い道を考えないとですね。

 

  3. 頭皮を清潔にできる

髪が長いとどうしてもすすぎ残しが出てくるかと思います。シャンプーのすすぎ残しが頭皮の毛穴を詰まらせ、抜け毛や痒みに繋がると言いますからね。頭皮のケアにもいいのではないでしょうか。

 

 

デメリット

  1. とにかく頭に引っかかる

Tシャツを脱ぐとき、帽子を取るとき、タオルで頭を拭くときなど頭ごとグイッと持っていかれます。ふいにタオルを引っ掛けて引っ張られたら、むち打ちにでもなるんじゃないかなと。

 

  2. 夏は暑い、冬は寒い

夏は直射日光がガンガン頭皮に当たります。キャップやハットをかぶれば防げそうですが、メッシュキャップだとメッシュ模様に日焼けするのではないかと無駄な恐怖感が襲ってきます。

冬は頭皮を守るものがないので非常に寒いです。ニットは坊主のマストアイテム。

 

  3. バリカンでのセルフカットが意外に手こずる

鏡で見える範囲は綺麗にできますが、頭頂部〜後頭部にかけてはなかなかの難しさがあります。後頭部に濃さの濃淡があったら恥ずかしい。仕上げはご家族、ご友人などの親しい人に頼むと良いかと思われます。

 

まとめ

坊主頭は似合う、似合わないがハッキリする髪型です。職業柄やりたくてもできない方もいらっしゃるかと思います。

毎回セットするのが面倒くさい、清潔感のある髪型にしたいとお悩みの方はぜひ試していただきたいです。帽子でお洒落するのが楽しくなりますよ。

広告を非表示にする