読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

気ままに徒然と

田舎で生活する既婚者の日常など

20代の離婚率について思うこと。現在26歳、妻子持ち、結婚6年目の気持ち

職場で女性職員に「年齢の割に落ち着いているよね、やっぱり早く結婚したから?」と以前言われたことがあった。

いえいえ、人見知りで話しベタなだけですよ。落ち着いているなんて滅相もございません、これでも自由にやってる方ですよ!と言いたかったが言えず。

「そうなんじゃないすかねー」と適当に返事しておいた。落ち着いているってどういう意味なんだろう。


良い意味で捉えるならば余裕があるように見られているということか、そんな余裕全くありませーん。

悪い意味ならばつまらない、面白みがない、これに尽きるだろう。どうせ私はつまらない人間さーなんて考えてみたり。


私のつまらない経歴はこちらから

私は20歳で結婚し、21歳の時に長男が産まれています。世間では晩婚化などと叫ばれていますが、大分早くに結婚してしまいました。

とりあえず20代の離婚率が気になったので調べてみた

平成27年度全体の婚姻件数は63万5000組、離婚件数は22万5000組。
引用:平成27年(2015)人口動態統計の年間推計|厚生労働省

単純に計算すると1/3の夫婦が離婚しているように見えるが、平成27年に結婚した、離婚した件数なので1/3よりは少ないと思われる。

・・・が婚姻件数は毎年減少して、離婚件数は微増している様子。熟年離婚って言葉もあるので、将来的に離婚率がヤバイ時代がやってくるのかもしれない。


平成22年度のデータになるが、年齢別の離婚率はこちら。


〜19歳 48.09%
20〜24歳 47.05%
25〜29歳 22.83%


〜19歳 82.74%
20〜24歳 48.34%
25〜29歳 22.88%
引用:http://www.ipss.go.jp/syoushika/tohkei/Popular/Popular2015.asp?chap=6

やはり10代が圧倒的に高い数字となってます。子供ができてその流れで結婚、経済的に困窮して離婚。私はそんなイメージです。


20〜24歳は約50%という結果。周りが大学でウェーイwってやってる時期に、子持ちは仕事と家事でヒィーってなるからなのか?

勢いだけで結婚し、性格の不一致や金銭感覚の違い、職場での新たな異性との出会いがそうさせるのかは分からないが、1/2の確率で離婚しているからそんな感じなのだろう。ごめん、なんか適当で。


25歳〜は離婚率は23%まで低下している。要はみんな大人になったのだ。25年間生きてきて、何か悟り始めたのかもしれない。

しかし23%は離婚するという選択をしているので、明日は我が身かもしれない。

塵も積もれば山となるの言葉通り、今までの結婚生活での不満が爆発する時期なのかもと考えると人ごとではない。


最近では「授かり婚」「おめでた婚」なんて言われていますが、要はできちゃった婚。あまり良いイメージではないですが、年齢関係なく責任を持って子供を育ててほしいですね、子供に罪はありませんから。頑張ろう、自分。

結局は自分の行動に責任を持たないといけない

学生時代は早く結婚して、若いお父さんになりたい。そんなことを漠然と思っていたが、現実に若くしてお父さんとなった。

自分で望んでいたことなのに、周りが楽しそうに遊んでいる様子を見ると「いいなー」「俺も遊びてーなー」と正直思うこともあった。

しかし幸いなことに、地元で就職した私は以前から遊んでいた友人が近くにいなかった。友人と呼べる友人が揃って関東方面に進学していたからだ。私が今も結婚生活を送れているのは、周りにそういう誘惑がなかったからかもしれない。


子供を持つと、子供が最優先となる。自分のしたいこと、やりたいことは当然後回し。自分のしたいこと、やりたいことがあるのなら、結婚して子供を持つ前にチャレンジするべきだ。


離婚して自分の好きなように生きるのは自由だが、子供に罪はない。自分の過去してきた事に責任を持てよ、そういうこと。

妻との普段の様子は

比較的仲は良い方だと思います。さすがにカップルのようにイチャイチャとかはしませんが・・・

女性は子供を産むと、妻からお母さんになります。もうこっちまで子供扱いされてまーす。


妻の場合だけかもしれませんが、怒りに火がつくともう止められない。もう罵声ですよ、あれは。関係ないことまでガツガツ怒られる、そして最後は泣く。

そこで反抗するともうダメです。さすがにカチンとはくるんですけど、とりあえずしっかり話を聞く、謝る。


私が感情的になって言い合いになれば、女性には口で敵いませんから、離婚という名の修羅場が訪れるかもしれません。

結婚生活が長くなればなるほど「ありがとう」という言葉が大事になってくるのかなあと思います。小さいことに感謝して、どんなことでも妻に報告、相談する。普段から気を付けてます、これからも気を付けます、はい。

まとめ

特になし、というのもあれなので。

せっかく好きで結婚してるのだから、お互いの気になったこと、止めてほしいことは遠慮せずに話し合うようにするべきだと思います。

好きだからこそ言うべきですよ。結婚してから、良くも悪くも相手の見えなかった部分も見えてきますし。


年をとって白髪や皺だらけになっても、仲良く過ごしてる夫婦ってなんか良いじゃん!

ご参考になれば幸いです。


広告を非表示にする